頭皮湿疹はかさぶたができる原因の一つ

頭皮がかゆくて掻いていると引っかかることはありませんか?そのかゆみの原因は頭皮にできた湿疹かもしれません。

 

頭皮にかさぶたができている方、もしくはよくかさぶたができる気がするという方は、頭皮湿疹によって、かゆみを起こし、無意識に掻いてしまい、かさぶたとなっているケースがとても多いです。

 

頭皮湿疹とは?

頭皮湿疹とは、文字通り、頭皮に来てしまう湿疹で、何らかの原因によって、頭皮が炎症を起こしてしまっている状態のことを指します。
かゆみを感じ、頭皮が赤くなり無意識に掻いてしまいやすい症状です。

 

頭皮湿疹の主な症状としては、

  • アトピー性皮膚炎
  • 接触性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎

以上の3つが主な頭皮湿疹の種類と言われています。

 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は先天性の場合や後天性ながら、アレルゲンが接触することで発症してしまう場合など、皮膚が敏感に反応してしまうことで表れる頭皮湿疹の一つです。

 

先天性のアトピー性皮膚炎の方の場合には、頭皮だけでなく、他の箇所にもかゆみを感じることが多く、辛い症状です。
アトピー性皮膚炎はアレルゲンに触れないことはもちろんですが、乾燥した状態もかゆみを感じることが多く、起きている間でも我慢するのがつらく、掻きむしってしまい、かさぶたになってしまいやすくなります。

 

アトピー性皮膚炎は専門医による治療、指導を元に、原因となるアレルゲンに触れないこと、そして乾燥しやすい肌を保湿することで、かゆみが起きるのを抑えます。

 

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎はアトピー性皮膚炎と近い点があります。刺激や肌に合わない、もしくはアレルゲンとなってしまう物質に触れることで湿疹などができ、かゆみを感じさせます。

 

よくあるのが、ネックレスやブレスレットなどの金属アレルギーです。首元が赤くなり、掻いてしまうことも多いです。
頭皮の場合には、シャンプーやリンス、整髪料などの刺激によって反応してしまう場合があり、化学合成物質によって湿疹ができてしまう場合があります。

 

接触性皮膚炎の場合は、普段使用しているシャンプー、リンス、整髪料といったものをチェックします。
例えば、植物性だから安心と思っていても、実はその植物エキスに反応してしまうこともありますので、特定が難しい場合も多いため、シャンプーを変えて頭がかゆくなったり、湿疹ができた場合には、成分表を確認しておき使用を控える、またその情報を元に皮膚科に相談することも大切です。

 

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は頭皮湿疹の中で誰でもなり得る症状でもあります。
頭皮に皮脂が過剰に分泌され、この皮脂によって、細菌が繁殖、繁殖した細菌が皮脂を分解することによって、脂肪酸が発生し、炎症を引き起こしている症状です。
脂漏性皮膚炎は頭皮環境を清潔に保つことも必要ですが、治療では、頭皮内の常在菌であるカビ(マラセチア)が繁殖してしまうため、抗真菌薬での治療を行います。

 

脂漏性皮膚炎の初期症状として髪がベタつきを感じる、湿ったフケが出る、頭皮のかゆみ、頭皮の匂いが気になるというのがあり、これらを感じていて、頭皮にかさぶたができている場合には、脂漏性皮膚炎によってかゆみを感じ、掻いてしまったためというのが想定されます。

 

頭皮環境は洗髪方法だけでなく、生活習慣や食生活でも影響が出やすい箇所ですので、規則正しい生活の中で頭皮を清潔に保つことが基本ですね。

 

 

すこやか地肌公式サイトへ

関連ページ

ストレス
頭皮にかさぶたができる原因のひとつに挙げられるストレスが頭皮に与える影響についての解説と、そんな頭皮のかさぶたが気になって、ストレスになってしまっているという方におすすめの頭皮用美容液「すこやか地肌」の頭皮ケアに役立つ特徴をご紹介します。